JP Scenario Page 4 | Competitive Patent Portfolio Analysis2020-06-09T08:32:18+00:00

特許ポートフォリオ分析

敵を知り、己を知る

「彼を知り己を知れば、百戦危うからず」 孫武は『孫子』でこういった。

の軍事上の古い知恵をどうやって現代における特許戦争に応用しますか? Patentcloudを通じて自社およびライバル会社の特許ポートフォリオを分析、監視、管理を行いましょう。

  • Step 1—Patent Search: 競合他社の特許リストを検索
  • Step 2—Patent Vault: インポート、管理、分析
  • Step 3—Due Diligence: 特許データをインタラクティブなレポートに変換

Patent Search

競合他社の状況を把握

この戦いに勝つための第一歩は、競合他社の特許ポートフォリオを把握することです。 Patent Searchの多様な検索機能を用いて、ターゲット会社の特許リストを探し出しましょう。

Patent Vault

インテリジェンス・センターへ

きちんと整理しなければ、集めた特許データが無駄になってしまいます。 Patent Vaultを用いて特許データからより多くの情報を取り出しましょう:

  • 特許リストのインポート
    Patent Searchまたは他社の特許検索システムから特許データをインポートし、カスタマイズしたデータベースを作成します。
  • フォルダーのカスタマイズ
    ユーザーが自ら定義したツリー構造のフォルダーを利用して特許データを管理します。
  • 特許ファミリーの追加
    ファミリー特許を追加し、特許ポートフォリオの完全性を担保します。
  • 自動モニタリング
    検索条件に合致する新しい特許を発見した場合や、特定特許の法的状態が変化した場合に通知します。

Patent Vault

インタラクティブな分析ツール

職人が立派な仕事をしようとするならまず道具を研ぐ。 カスタマイズ可能なグラフとPatentcloud独自の二軸の特許マトリックスダッシュボード( Patent Matrix®)を通して、競合他社の今後の動きをより一層把握できます。

Due Diligence

アナリストによる状況報告

Due Diligence帮助您发现破绽: 知識は力なり、対象特許ポートフォリオを細部まで把握することは必須です。 Due Diligenceを用いて、対象ポートフォリオの弱みを見つけましょう:

  • 残存期間
    特許の残存期間を確認したり、出願推移を評価したりして、競合他社の開発動向を把握します。

  • 品質と価値
    最も高品質・高価値の特許または特許ファミリーと、その規模を表示します。

  • チャレンジされた特許と品質ハイライト
    チャレンジを受けても権利が維持されている特許を洗い出し、その権利範囲の変化を調査します。 また、特許の新規性または非自明性問題についても調査できます。

  • 潜在的なターゲット特許
    潜在的なターゲットへの権利行使に使え得る特許を見つけます。 言い換えれば:競合他社の特許ポートフォリオを侵害するリスクがあるのでしょうか?

インテリジェンス・ルームへようこそ

Patentcloudを利用した特許ポートフォリオ分析方法を理解


お問い合わせいただき、次の行動についてお話ししましょう