JP Scenario Page 5 | Litigation Funding2020-06-08T02:00:25+00:00

訴訟投資

世界レベルの特許評価で、後悔のない特許訴訟への投資

Patentcloud提前彻底了解目标专利组合。 間違った特許訴訟プロジェクトに投資すると、将来の発展に支障が出るのみではなく、リスクに直面する可能性もあります。 決定を下す前に、Patentcloudを用いて、事前にターゲットの特許ポートフォリオを徹底的に把握しましょう。

  • Step 1—Due Diligence: 新しいビジネスチャンスをもたらす 特許訴訟投資の 潜在的なターゲットを設定
  • Step 2—Quality Insights: 投資または訴訟を妨げる隠れたリスクを明らかに
S5-litigation-funding-hero2

Due Diligence

国境を越えたインサイト

ワールドワイドの特許データベースと知財専門家の経験に基づいて、Due Diligenceはターゲットの特許ポートフォリオに注目する価値があるか否か、意思決定をサポートします。本ページを読み終えると、特許訴訟投資について理解することができます。

Due Diligenceを利用することで、下記の問いに答えられます:

  • 有効性にチャレンジされた米国特許
    過去何件の特許がチャレンジされましたか? これらの特許は今でも有効ですか? これらの特許の権利範囲はどう変わりましたか?
  • 同一分野の競合他社との比較
    これらの特許の品質と価値はそれぞれどうですか? 同分野の主要特許権者の特許と比べてどうですか?
  • 特許適格性と新規性に関する問題
    ターゲット特許は特許権を取得できますか? 有効性はチャレンジに耐えられますか?
  • 特許ポートフォリオの潜在ターゲット
    特許ポートフォリオの潜在的なターゲットは誰でしょうか? どのように特許発明は実施されていますか? 彼らは発明を製品に適用しているのでしょうか?

Quality Insights

特許ポートフォリオを瞬時に把握

新たなチャレンジまたは訴訟は、いつどこから現れるか分からず、特許法的イベントも日々変化しています。 特許ポートフォリオの有効性に関する最新情報を取得し、特許訴訟投資でありがちなリスクを回避します。

  • 特許の審判履歴の確認
    この図表では係争特許における主要な審査履歴とPTAB履歴をまとめています。
  • ファミリーメンバーにおける問題の発見
    ターゲット特許のファミリー特許に対して、権利化を断念させた先行技術をリスト化しています。
  • 当特許に関連する引用案の探索
    六段階までの引用・被引用特許を確認いただけます。
  • より多くの潜在的な先行技術を確認
    特許請求の範囲に基づいて、五大特許庁とWIPOデータベースより関連先行技術を表示します。

特許訴訟への投資戦略に保険をかける