Due Diligence

AIを搭載した特許ポートフォリオ評価ツール

Due Diligence では、特許の品質・価値ハイライト、権利者・発明者・出願者の統計、引用情報などがダッシュボードで視覚化されるので、特許ポートフォリオの全体像が簡単に確認可能です。

Bring data to life.

省力化・時間の節約について 特許情報は、多くの情報を意味しており、適切に利用されていないことが多く、無駄になっています。 これらのツールの中には、実用的価値の低い一方的な情報しか提供してくれないものもあり、必要な洞察力を得ることができません。

退屈で退屈な作業から解放されます。

Due Diligence により、反復的な作業を行う必要性が減り、特許の有効性の問題を特定したり、特許引用事件の出願人を特定したりするなど、これまで困難とされていた作業を行うことができるようになります。

特許価値の見極め

特許ポートフォリオを分析し、知財デューデリジェンスの最終目標であるライセンシングやアサーションを通じて収益を上げる可能性の高い特許を特定します。

成功するための準備

ほとんどの業界がAI時代に突入していますが、特許業界はまだまだ追いついていませんし、 Du Diligenceの機械学習アルゴリズムを使えば、業界のライバルに対して競争上の優位性を得ることができます。

最もお手頃価格で

100%

データ処理時間の短縮

特許データの収集、クリーニング、分析に無駄な時間を費やす必要はありません。

0.005%

特許取引のコストと比べほんの僅かな費用

特許取引の平均価格は20万ドルで、 本当に詳細を把握するために10ドルを費やすだけで、投資は絶対に損をしないようになります。

知財業務の効率化へ

大規模で複雑な特許ポートフォリオに直面しても、Due Diligenceのダッシュボードは必要な情報をすべて提供します。

特許ポートフォリオの解析や評価を行うための機能

特許ポートフォリオの現状を把握しておくことで、取引を失うリスクを減らすことができます。


カバレッジ及びステータス

このダッシュボードでは、投資を継続するかめるかを判断するのに役立ちます。


技術分野の時系列変化

このダッシュボードでは、IPCやCPC分類から特許ポートフォリオ技術分野を時系列で確認可能です。


権利者/発明者/出願者

このダッシュボードでは、特許ポートフォリオにおける重要発明者トップ10を一括を確認できます。


経過情報ハイライト

このダッシュボードでは、特許の取引回数および審査・審判経過情報を同時に把握することができます。

独自の特許品質・価値ランキング機能で、特許を公正かつ客観的に評価します。

Due Diligenceのダッシュボードは、特許ポートフォリオの技術分布、対応特許の生死状況、譲渡・ライセンス回数、審査・審判経過情報など、特許価値・品質の判断に必要な情報を効率よく集めることができます。


品質と価値

Due Diligenceは、評価の客観的なベンチマークとなるAIアルゴリズムにより、特許の品質と価値を評価します。


品質ハイライト

放棄された特許ファミリーや審査官が引用した参考文献から過去の事例情報を素早く検索し、特許出願審査書類を無駄にすることなく、すべての問題点を見つけることができます。


価値ハイライト

Due Diligence は、この特許ポートフォリオが誰にライセンスされているかを正確に教えてくれます。 精度を高めるためには、特許引用を見直すだけではなく、これらの引用の出願動向を知ることで、 より具体的なターゲットにしていきます。

数字でみるDue Diligence

Due Diligenceのダッシュボードは、多くのことを意味するだけでなく、 重要なポイントを特定します。

100+

特許文献及び非特許文献のデータベース

79m+

各国の書誌情報データ

100%

米国特許庁の出願書類(ファイルラッパー)を完全収録

98%+

審査・審判経過における先行技術を多数収録

様々な場面で活躍する特許検索システムDue diligence

特許権の収益化

特許取引
特許ライセンス
質権

投資およびM&A

VC、PE投資
銀行投資
ライセンス取引

特許ポートフォリオ分析

自社特許のポートフォリオ分析・評価他社特許のポートフォリオ分析・評価